Happy Life

売国新聞*中日新聞社説の解説「日中正常化の原風景」

2012/08/24 Fri

 この新聞は、沖縄地方紙と同じく、中国の工作活動の影響を受けている可能性が
高いと思われます。
中部地方では、圧倒的なシェアを誇る新聞ですが、あまりにひどい記事を垂れ流す為、
その悪影響は、人々の心を蝕んでいます。
個人的に不買をお勧めしたいメディアの筆頭です。

いかにひどい記事を書いているか、下記の社説に解説を加えたいと思います。

日中正常化に際して中国側が使った表現は違いました。「小異を残して大同につく」でした。当時、これに違和感を覚えた日本人も多かったのですが、冷静に考えれば、未解決の問題が存在したうえでの正常化ですから「残して」が正解だったといえます。

⇒日中正常化に際して「小異を残して大同につく」という中国側の主張を「正解でした」
とこの新聞は言い切っています。
尖閣問題を残してという意味もありますから、この記述は理解不能です。

当時の田中角栄首相が北京で使った「中国国民に迷惑をかけた」との日本語が「軽すぎる」と中国側から猛反発を受けたのも、語感の違いからきています。 しかし、そうした差異を乗り越えて相互に譲歩したからこそ、最大の戦後処理案件だった日中正常化が実現できたのです。

⇒尖閣問題でも、「互いに譲歩が必要だ」という帰結に巧みに誘導しています。
尖閣の領有権を中国が主張し始めたのは、地下資源が発見されてからであり、中国の戦略は
ウソを何回も繰り返すうちに、国際社会にあたかも領土問題があるかのように認識させることです。
この新聞は、その尖閣問題に譲歩を勧めていることになります。

尖閣諸島買い上げに多額の寄付金が東京都に寄せられる背景には、尖閣における中国漁船の衝突事件や軍事大国化を受けての「反中」「嫌中」感情があります。一方、中国のネットには「いまの中国人は弱腰過ぎる。毛沢東、とう小平の時代なら日本に数千の砲弾を撃ち込んでいるはずだ」といった書き込みも見られました。
果たして、そうでしょうか。

⇒この「果たしてそうでしょうか」という言葉は、一見、「いまの中国人は弱腰過ぎる。
毛沢東、とう小平の時代なら日本に数千の砲弾を撃ち込んでいるはずだ」という言葉を
否定したように読めます。
しかし、その後の文章には、周首相の気遣いに関するエピソードを紹介していましたので、
尖閣における中国漁船の衝突事件や軍事大国化を「果たして、そうでしょうか。」と
否定しているようにも読めます。
この新聞を長年、読んできた私には、このような巧みなすり替えが、すぐ解ってしまうのです。

「小異」を残して大同についた日中国交正常化の原点を忘れて「大異」にする愚は、お互いに避けようではありませんか。

⇒尖閣の不法入国を受けての社説の帰結が、これです.
この社説は全体として、中国からの視点で論理が構築されています。
中日新聞を読み続けると、本格的な左翼ではないけれども、なんとなく左に傾いた「サヨク」
が大量に生産されていきます。
このような新聞は、日本の害毒にしかなり得ません。
機会がありましたら、中日新聞の購読者に不買を勧めることを御願い致します。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中

--------------------------------------

日中正常化の原風景 週のはじめに考える

中日新聞 2012年8月19日(社説)転載
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012081902000080.html


四十年前の今ごろ国内は日中国交回復に向けて沸き立っていました。だが現在は様変わりです。深まる経済関係と裏腹に国民感情が冷め切っています。

 「小異を捨てて大同につく」という言葉が古くからあります。部分的な違いは無視して大勢のおもむくところに従うという意味ですが、日中正常化に際して中国側が使った表現は違いました。「小異を残して大同につく」でした。当時、これに違和感を覚えた日本人も多かったのですが、冷静に考えれば、未解決の問題が存在したうえでの正常化ですから「残して」が正解だったといえます。

「小異」残して妥協
 当時の田中角栄首相が北京で使った「中国国民に迷惑をかけた」との日本語が「軽すぎる」と中国側から猛反発を受けたのも、語感の違いからきています。

 しかし、そうした差異を乗り越えて相互に譲歩したからこそ、最大の戦後処理案件だった日中正常化が実現できたのです。

 中国側は三つの点で大きな譲歩をしました。「対日賠償請求の放棄」「日米安保体制の是認」「日本軍国主義と日本国民との区別」です。中国外交の基本は「米帝国主義は日中共同の敵」でしたから背景に旧ソ連への戦略があったにしても日米安保にこだわらずとは大譲歩です。

 一方、日本側も「中華人民共和国が唯一の合法政府」「台湾は中国領土の一部」「日華(日台)条約は破棄」で譲歩しました。これには自民党内の親台湾派が強硬に抵抗しましたが、田中-大平(正芳)コンビの政治的決断で乗り切ったのでした。

 そこから四十年。歴史認識、首相の靖国参拝、中国製ギョーザ中毒事件、尖閣諸島問題など、さまざまなトラブルが発生しました。

強まる「経熱民冷」
 だが「政冷経熱」という言葉が生まれたように政治的関係が悪くても、経済的には切り離せない隣国同士になっています。ところが近年は「経熱民冷」というのか、経済関係は依然緊密でも国民感情の冷え込みが目立ってきました。

 日本の「言論NPO」と中国日報社が両国で行っている共同世論調査によると、今年は日本人の対中認識の悪化が目立ち、中国に「良くない」印象を抱いている人が84%余と過去最悪です。中国側の対日印象も「良くない」が64・5%とやはり高水準です。

 関係発展の阻害要因は「領土問題」との答えが日中とも最多です。尖閣諸島買い上げに多額の寄付金が東京都に寄せられる背景には、尖閣における中国漁船の衝突事件や軍事大国化を受けての「反中」「嫌中」感情があります。一方、中国のネットには「いまの中国人は弱腰過ぎる。毛沢東、とう小平の時代なら日本に数千の砲弾を撃ち込んでいるはずだ」といった書き込みも見られました。果たして、そうでしょうか。

 正常化前後の中国を取材して印象に残ったエピソードを紹介しておきます。一九七二年九月、田中訪中に先立ち自民党訪中団と会見した周恩来首相は、随員の中に外務省の橋本恕中国課長(後に中国大使)がいるのを見て「田中訪中の準備は順調に進んでいますか」とたずねました。同課長は「中国側の配慮で順調です」と感謝しました。ところが周首相は即座にこう返しました。「配慮しているからといって、行き届いているかは別問題です。行き届かない点があれば遠慮なくいってください」

 もう一つの話。日中航空協定交渉で七四年訪中した大平外相は、毛主席と二度目の会見をしました。その時こんなやりとりがあったと生前の大平氏から聞きました。

 毛「アイウエオやイロハを考え出した日本の先人は偉い。いま日本語を勉強している。日本へ留学したい」

 大平「日本留学はこちらからご遠慮します」

 毛「なぜ?」

 大平「どのように処遇したらよいか分かりませんので」

 毛「君は非友好的だね」

 ジョークの会話だったとしても当時八十歳の毛主席が日本への留学に言及したところに日中友好への悲願が感じられます。先の周首相の配慮発言と同様に、国のトップが相手を思いやる互譲の精神が生きていたからこそ日中蜜月時代がしばらく続いたのです。

「大異」にはするな
 日本でも田中、大平時代に比べると、政治家の軽量化が目立ち、国民の間で政治不信が広がっています。他方、その時代にはなかったネット世界がナショナリズムを助長する道具となり、外交政策にも影響を与えています。

 だが「小異」を残して大同についた日中国交正常化の原点を忘れて「大異」にする愚は、お互いに避けようではありませんか。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中



スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

No title

韓国や中国、呆れた国ではありますが、日本の対応もとても褒められたものでではありませんね。
行く末が案じられてなりません。

Re: No title

> 韓国や中国、呆れた国ではありますが、日本の対応もとても褒められたものでではありませんね。
> 行く末が案じられてなりません。

国民は選挙で示すしかありません。選挙で国防を語らない政治家を信用してはいけませんね。
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
137位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報