Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢幹事長への思い

2009/12/14 Mon

 こんばんは。

 私の祖父が勲三等瑞宝章(子供の時の記憶で不正確ですが・・・)
を受賞したときのことです。親戚一同が集まり、お祝いをした記憶
があります。私の祖父から受賞の時の様子を親戚一同が聞き入り、
皆が誇らしげに、また、まるで自分のことのように喜んでいたことを
思い出します。その詔書は、その当時では大変高価だったであろう額に
納まり、祖父が亡くなり、祖母が亡くなった今でも、父の実家の仏壇の
横に飾られています。
私の小学校の低学年の頃の話です。
子供ながらに天皇陛下とは、日本国民にとってどういう存在なのかを
学ばせて頂いた最初の出来事だったと思います。

外国要人と天皇陛下との会見は1か月以上前に書面申請するとのルールに
乗っ取らなかったと宮内庁側が主張している問題について、小沢幹事長は
「法律で決まっているわけではない」と指摘し「天皇陛下の行為は国民が
選んだ内閣の助言と承認で行われる。それが日本国憲法の理念であり、
本旨である。宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだが、まったく
日本国憲法、民主主義を理解していない人間の発言としか思えない」
と批判し、さらに「民主主義を理解していないと同時に、もしどうしても
反対であるならば、辞表を提出した後に言うべきだ」・・・と発言しました。
(詳しくは、「幸福維新の志士となれ」さんのブログにアップされています。)

確かにこのことは法律では決まっていません。ただ、この慣習は、
陛下が体調を崩されてから、厳格に守られるよう要請されたルールで
あったはずです。
この日米関係の悪化している時期に、中国の国家副主席との会談が
どれほど重要なことだというのでしょう?

民主党の国家観、鳩山首相の優柔不断、平野官房長官に小沢氏が要請したのか
否か、私は今日は何も述べません。

ただ、今日の会見を見て、「小沢幹事長に日本の舵取りをさせたら絶対いけない。」

・・・絶対いけないと感じました。

機会があれば、小沢幹事長の今日の会見の口調、態度、その奥底にある
感情を読み取ってください。

私は、今日の出来事を忘れることはありません。



にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村

クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます.




















スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
688位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
175位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。