Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿でも解る不況、デフレ、震災直後の大増税の愚。

2012/03/17 Sat

こんばんは。
  
 今日は、「こどもニュース」風にブログを綴りたいと思います。

さて、日銀はインフレファイターとしての役割を長く続けてきたために、
思考停止に陥り、デフレを放置してきました。
前回のブログでインフレターゲットの記事を書きましたので、ここでは
詳しくは述べませんが、そもそも、インフレとは何のことでしょうか?
そう、物価が上がり続ける、つまり物の値段が上がり続けることを指しています。
去年買った100円のジュースが、今年は120円でしか買えないとなれば、
それはお金の価値が下がっていると言うこともできます。

 では、このインフレを抑制する(防ぐ)為に、日銀は中央銀行としてどのような施策を
とるのでしょうか?

一般的には、日銀は政策金利(かつては公定歩合、今は基準割引率および
基準貸付利率と呼びます)を上げて、インフレを抑制しようとするはずです。

この政策を否定する経済学者、政治家は今のところ世界中に1人も存在しないと思います。

 では、なぜ政策金利を上げると、インフレを防ぐことになるのでしょうか?

まず、政策金利を上げると、銀行が日銀から高い金利でお金を借りることに
なりますので、当然、国民や企業に貸し付ける金利も上がります。

デフレが長く続きすぎて、金利に皆さんはあまり関心がないのかもしれませんが、
仮に1000万円の借金を1%の金利で10年で返済する場合、支払う金額は月々87,600円
ですが、これが5%となると月々106,000円となります。
総支払い額は、1051万円に対して総額1272万に跳ね上がります。

当然、消費は落ち込みます。

家が建たない、車が売れない、企業は設備投資をしない。
そうすると、当然、景気が落ち込むことになります。
物が売れなくなると、近所のスーパーマーケットでは、何を考えるでしょうか。
普通は、隣のスーパーマーケットより少しでも安い値段で、物を売ろうという
意識が働きます。
そして、全国でこのような意識の連鎖(れんさ)が始まります。
こうして、物価が下がることになり、インフレが抑制されるという
結果につながるのです。
先程述べたように、この原因と結果の法則に異論を唱える経済学者、
政治家は今のところ世界中に1人も存在しません。

 ここからが今回のブログの本題です。

今、民主党は復興増税をし、さらに消費税を10%、16%と上げようと
しています。
自民党は景気条項で粘ってはいますが、増税路線であることには何ら
変わりがありません。
さきほど、金利が1%から5%に上がった例を出しましたが、
通常金利を上げる場合、それほど急激に変える訳ではありません。
それは、1%から2%に上がるだけでも十分にインフレ抑制効果があるからに
他なりません。
前述の1000万の借金を2%の金利で返済する場合、10年間の支払い総額は
1140万ですが、それでも、十分に景気を冷やす効果があることを意味しています。

1000万の買い物に対し、10年で89万の値上げで効果抜群なのです。

仮に消費税が5%上がった場合、その瞬間に1000万の買い物で
50万の値上がりになります。

10年間のトータルでの話しではありません。

消費税はローンにだけ、かかるのではありません、消費する度にかかるのです。
ジュースにも、車にも負担がかかります。

物を買い控えるという意識の連鎖は、金利の値上げを上回るものと
思います。

営業職の私は、前回の消費税値上げの際の買い控えの意識の連鎖を実体験しています。
 
 消費税を増税しても、デフレ圧力が掛からず、不況は起こらないという理屈は
絶対なりたちません。

 国民の消費に必ず、必ずブレーキがかかります。
まして、今は、デフレ、不況下、震災直後という状況です。
不況が大不況となり、法人税、所得税の減収でトータルの税収が落ち込む
ことは明らかです。

 実際、1997年の消費税を2%あげた翌年から、国の税収は下がり続け
ただの一度も税収の総額が1997年を上回ることはありませんでした。

 アメリカのオバマ大統領は、景気を底上げし、財政を立て直そうと、減税政策を
打ち出しています。
 大きな政府をいったん打ち出したかにみえた米民主党も、共和党の「できるだけ小さな政府を
目指し、国民の可処分所得(使えるお金)を増やし、景気を底上げし、黒字企業が
増えることによってトータルでの税収をあげよう」という路線に引き戻されつつあります。

 この路線は、幸福実現党の主張と目指すものが極めて近いと
いうことを申し上げておきます。

 今、日本では、民主党、自民党、マスコミの多くが、増税による財政再建を
主張しています。
 特に、財務省がマスコミに圧力を掛け、増税が正しい選択かのように
世論誘導を行っているように思います。

NEWポストセブン 朝日、読売を国税狙い撃ち「財務省には逆らえない」と幹部談
http://www.news-postseven.com/archives/20111002_32260.html

現代ビジネス  国税が東京新聞を徹底調査する「理由」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31977

まさに、勝事務次官による恫喝です。

 そんな中、幸福実現党は、財務省前で増税反対の街宣を敢行しています。

何が正しくて、何が間違っているのか。

基準は、国民の幸福とは何かということだと思うのです。


■3/14(水)全国で『財務省のスピリチュアル診断-増税論は正義かそれとも悪徳か-』発刊告知街宣を実施!(財務省前ではレディース街宣を実施!!)

特に、財務省、金融庁、外務省、農林水産省、経済産業省を結ぶ通りは、配布用に持っていたチラシが飛ぶように無くなりました!

「頑張って下さい!」と言って財務省に入って行かれる方。財務省から出てきて「チラシを下さい」と言われる方、省内でも大きな話題になっているのか、苦笑いをしながら通り過ぎていかれる方などがおられ、財務省内で大きな反響をよんでいることが伺われました。(一部転載)

http://www.hr-party.jp/new/2012/21866.html



まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中
スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
688位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
175位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。