Happy Life

つぶやき集Vol207(民主党という名の人災)

2012/02/09 Thu

こんばんは。

 政治家が思想信条を政策に乗せる場合の要諦は「人事」だと思います。
野田首相が2回続けて素人を防衛大臣に据えたことは、野田首相が中国、北朝鮮の
脅威から国民を守る意思がないことを表しています。
下記のつぶやきにもあるように、かつて、北朝鮮から笑われるような人事を
日本の首相が行ったことなど、私の記憶にはありません。

さらに言えば、野田党首率いる民主党は、鳩山由紀夫元首相を外交、
菅直人前首相を新エネルギー政策を担当する党最高顧問とすることを
決めたと言います。
抑止力を学習したにも拘わらず、米国に替わり、尖閣を核心的利益だと
いって憚らない中国を優先させると言う鳩山元首相が「外交」を担当し、
福島原発事故を人災に貶め、企業、家庭のエネルギー事情も、ガス、石油のコストが
2兆円以上増大したことも一切構わず、反原発の市民運動家になりはてた
菅前首相が「エネルギー政策」を担当するというのです。
民主党が政権に居座ることは、日本の衰退、破壊が加速化することを意味します。

一刻も早い解散総選挙を望みます。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中

--------------------------------------

これが民主党の元代表の考え方。民主党では日本がもたない。*「東アジア共同体で真の和解を」 鳩山氏、早大での講演で中国観語る - MSN産経ニュース http://bit.ly/ybyxm4

-------------------------------------

政治家の思想信条の要諦は人事だ。野田首相が2回続けて素人を防衛大臣に据えたことは、民主党が中国、北朝鮮の脅威から国民を守る意思がないことの証左だ。

-------------------------------------

「日米合意」を全く無視し「最低でも県外」と、できない約束をし、沖縄県民の心を弄び、後に「抑止力を学びました」と訂正し、一川氏、田中氏と、相次ぐ「素人防衛大臣」の起用により、日米同盟を棄損し、尖閣を中国の海にすることが、民主党の防衛政策だ。

-------------------------------------

適材適所?最強の布陣?*直紀氏またもヘロヘロ答弁 米軍再編ノータッチ!? 威勢良く「脱コーヒー宣言」 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120206/plc12020623300011-n1.htm

-------------------------------------

チベットはかつて独立国だった。沖縄には抑止力が必要。*チベット族また自殺図る 中国四川省 叫んで体に火つけ - MSN産経ニュース http://bit.ly/xdemKj

--------------------------------------

責任は選んだ野田首相にある。*田中防衛相「物笑いの種」 北朝鮮通信社が報道 - MSN産経ニュース
http://bit.ly/xPX3eA

--------------------------------------

バカじゃないのか。言葉を失う。*TPPよりアジア共同体 鳩山氏が新華社に
 http://bit.ly/z3F0rR

--------------------------------------

最凶の布陣。*鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当
http://bit.ly/zHXBqX

--------------------------------------

幸福実現党候補者のブログの紹介は、各ブログにtwitterのタブがあり、直接つぶやくことが
できる場合は、このつぶやき集に掲載することを割愛しています。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中


スポンサーサイト

テーマ : 日本を憂う
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報