Happy Life

つぶやき集Vol172(中国の動向に注視せよ。政治的嗅覚を研ぎ澄ませ。)

2011/08/04 Thu

こんばんは。

中国の更なる尖閣実効支配への圧力行使を危惧します。

今、高速鉄道の事故をきっかけとし、報道の自由化に一党独裁体制の
中国共産党が苦しんでいます。

そのこと自体は中国国民にとって、また、日本にとっても歓迎すべき現象です。
自由が制限される国家は、その国家の国民にも、また周辺国家にも
不幸を招きます。

中国共産党としては、報道規制の強化とともに、国民の目を国外に移すことを
狙ってもおかしくはない状況にあります。

また、朝貢を続ける民主党政権の間に、駒を進めたいという中国の野心にも
注意を払うべきでしょう。

中国の混乱を手放しで喜んでいてはいけません。

私の感覚で言えば、一刻も早い島嶼部の防衛力強化が必要です。

もっと言えば、民主党政権の瓦解を急ぐ必要がありそうです。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中


-----------------------------------------------------

EEZ内では沿岸国の同意なしに他国が漁業や海洋調査を行うことが国際条約で禁止されていいる。事前の同意を得ていない中国海洋調査船の行動は明らかな国際法上の違法行為だ。断固たる排除措置や中国政府への抗議を行わず、9時間に渡る海洋調査を許した民主党政権は弱腰外交の極致であり、無能の塊だ 。

----------------------------------------------------

振り返れば、事業仕分けから始まり、民主党政権の行ってきた事は、縮小、停止、阻止、中止のみである。未来創造が一切ない。明るい未来像が菅直人首相の頭の中に一切ないのである。BY加納有輝彦

----------------------------------------------------

人権救済法案に反対だ。都道府県に置く人権擁護委員は、地方参政権を有する者から選ぶとしているが、民主党は結党時の基本政策で定住外国人への地方参政権付与をうたっており、外国人が人権擁護委員に選ばれる可能性がある。民主党の中国への朝貢の一環ではないか?

----------------------------------------------------

中国の更なる尖閣実効支配への圧力を危惧する。報道の自由化に一党独裁体制の中国共産党が苦しんでいるが、国民の目を国外に移すことを狙ってもおかしくはない。また、朝貢を続ける民主党政権の間に、駒を進めたいという野心がないか注意を払う必要がある。

----------------------------------------------------

菅直人氏の人格は首相として不適格ではないか。中国漁船衝突事件処理の時は「那覇地検次席検事の判断」、福島第1原発周辺地域の住民は20年住めない発言は「松本健一内閣官房参与の発言」と最高責任者でありながら、責任を周囲に押し付けることが多すぎる。民主党の体質と言えばそれまでだが。

---------------------------------------------------

菅首相のような無能な人物が、国家の最高責任者者として、震災復興や原発対応、外交・安全保障を指導していること自体が「未曾有の国難」ではないか。民主党は、過半数の議員の賛意で、首相を選出した。民主党という政党を、菅首相が体現しているのであり、これ以上民主党政権を存続させてはならない。

---------------------------------------------------

幸福実現党候補者のブログの紹介は、各ブログにtwitterのタブがあり、直接つぶやくことが
できる場合は、このつぶやき集に掲載することを割愛しています。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中



スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報