Happy Life

つぶやき集Vol170(脱原発は民主党による日本弱体化計画ではないか?)

2011/07/24 Sun

こんばんは。

脱原発による電力不足、15%節電要請は、事実上の電力配給制を意味します。
海外に移転できる体力のある企業よりも、中小企業の存続が懸念されます。
津波でこのような事故が発生したのですから、津波対策を充実させるとともに
事故の当事国であるわが国が果たすべき使命としては、脱原発ではなく、
世界一安全な原発モデルを開発し、提供していくことにあるのではないでしょうか。
代替エネルギーの開発も否定はしませんが、(未来産業として)
コストと整備にかかる時間から現実的ではありません。
日本経済を沈没させない為に早期の原発稼働再開が必用です。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中



--------------------------------------

CO2が地球温暖化の原因であるということは仮設に過ぎずCO2削減には反対だ。民主党はCO2を25%削減し、今度は、脱原発という二律背反の政策を打ち出すところに、ヒトラーとの共通点がある。ポピュリズムによる信任を奇禍とした独裁政治だ。

--------------------------------------

尖閣沖は中国領だと主張する中国に対する抑止力が沖縄には必要だ。故に普天間基地を現行案に沿って辺野古へ移設し、日米同盟を強化すべきだ。

--------------------------------------

脱原発は民主党による日本弱体化計画ではないか?*日本エネルギー経済研究所「全ての原発を停止して火力発電で代替した場合、天然ガスや石油などの燃料調達コストは年間3.5兆円増加、標準的な家庭の電気料金は、2010年度と比較して月額1,049円増加する]と発表。

-------------------------------------

総務省消防庁が12日にまとめた調査では、7月4日から10日までの1週間に熱中症で病院に搬送された人が前年の897人から5倍以上の4520人に達し、うち8人が死亡したと確認された。熱中症は屋外で起きるものと思われがちだが、実は建物内で発症するケースが多い。脱原発の犠牲者ではないか。

-------------------------------------

横田めぐみさんの母、早紀江さん(75)*菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体に計6250万円を政治献金していた問題で「政府を信じてよいのか。吐き気がするほど具合が悪くなった」

------------------------------------

新興国の人口増大や経済発展により、世界のエネルギー需要は高まる一方であり、大量かつ効率的に発電できる原子力は不可欠とされている。 したがって、事故の当事国であるわが国が果たすべき使命は、脱原発ではなく、世界一安全な原発モデルを開発し、提供していくことにあるのではないか。

-------------------------------------

ストレステストによる原発再稼働延期で企業は窮地に。雇用悪化による自殺者の増加が心配。*埋蔵電力、真夏の夜の夢 首相の思いつきに現場困惑 - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110723/cpd1107230502002-n1.htm

-------------------------------------


幸福実現党候補者のブログの紹介は、各ブログにtwitterのタブがあり、直接つぶやくことが
できる場合は、このつぶやき集に掲載することを割愛しています。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中

スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報