Happy Life

つぶやき集Vol158

2011/05/28 Sat

こんばんは。

反原発の主張がtwitterの中でも、大勢を占めています。
しかし、太陽光は天候に左右されることは事実なので、基幹電力になりえないと思います。
国の電力施策としては、ピーク時を上回る電力を確保することが命題です。
それは、雨天時も含めての話ですから、蓄電技術の進歩がなければ、基幹電力としては
時期尚早のような気がします。
各家庭が太陽光を乗せることは防災に寄与しますし、
電気自動車の小型蓄電池を利用すれば、
将来的には、ピーク時の電力使用量を抑えることができます。
故に、太陽光発電を否定するものではありませんし、
藻による発電、水力、風力、地熱などの発電も将来的に有望です。
資源のない日本はこういった発電システムの開発を急ぐべきです。
他方、原発を一斉に止めて、その損失を国が補填するというやり方は国の衰退を招くものとも思います。
電力不安による経済損失、国の補填費用などは、本来、原子力発電の津波対策、
非常電源の整備に向けられるべきだと考えます。
日本の持つ技術力で、この困難を克服するべきなのですが、民主党の合理性のない
いきあたりばったりの政策により、最大不幸社会を呼び寄せている気がします。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中

-------------------------------------

中国の温家宝首相の言葉が心にしみたとあるが、この新聞社は中国の影響下にないか心配だ。*沖縄タイムス | [日中韓首脳会談]風評の根に「政府不信」 http://t.co/zaHT5n5

-------------------------------------

何故こういう人物を自民党は推薦したのか。何故、未だに自民党沖縄県連は普天間基地県外移設を主張するのか。これでは、民主党と変わらない。*沖縄タイムス | 中国客「ビザなし」に 仲井真知事、北京で賛同
http://t.co/mpBlo00

-------------------------------------

政争のためなら、どのような卑劣なこともやり、弱いものを踏みつけて、のし上がってきたのが菅直人。中国漁船衝突事件処理の時は「那覇地検次席検事の判断」第1原発事故は「東電の責任」福島に20年住めない発言は「松本内閣官房参与の発言」海水注入中断事件は「班目原子力安全委員会委員長の発言」

-------------------------------------

リーダーシップの欠如した菅氏が首相の座にあることが災害そのものだ .

-------------------------------------

菅直人のような危険かつ無能な人物が、国家の最高責任者として、震災復興や原発対応、外交・安全保障を指導していること自体が「未曾有の国難」

-------------------------------------

太陽光発電は雨天時発電量は0だ。電力会社は雨天時を含め、使用最大電力を上回る電力を確保しておかななければ、意味はない。蓄電設備の実用化の目途がない現状では、火力発電の割合が増すのではないか。菅首相はそういったことの検証無しで(思いつきで)発言しているのではないか。

-------------------------------------

民主党の政治主導とはこういう会議をいくつも作ることだったのか?*成果もやる気も見えない復興検討部会 - SankeiBiz(サンケイビズ) http://t.co/yvQU1ko

-------------------------------------

幸福実現党候補者のブログの紹介は、各ブログにtwitterのタブがあり、直接つぶやくことが
できる場合は、このつぶやき集に掲載することを割愛しています。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村


ブログランキング参加中
スポンサーサイト

テーマ : 幸福実現党
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報