Happy Life

南シナ海は対岸の火事か。

2010/08/15 Sun

こんばんは。

中国は20年以上もの間、毎年軍事費を2桁増額させています。
その額は日本の防衛費を上回っており、兵器の開発費、購入費を含めると
すでに日本の3~5倍の規模になるといいます。
もはや、中国の軍拡は領土拡大に為の準備であることはあきらかです。

南シナ海のこの数ヶ月の動きは、日本にとっても重要な意味を持ちます。
この数ヶ月の情勢の変化を要約すると、2点あげることができます。
第1に中国が南シナ海を中核的利益と発言し、その海域の実行支配の為の主張を
踏み込んだ点。
第2にアメリカが多国間の枠組みによる解決を提唱した点です。

いまやこの海域でのアメリカ軍の動きが、ベトナムなどの周辺国にとっての生命線であり、
即ち沖縄米軍基地の重要性が高まりが明らかだということです。
また、南シナ海の「航海の自由」は、原油輸入の8割をこの海域に依存する日本に
とっての生命線です。

民主党が、沖縄普天間基地問題で迷走することはもはや一国の問題ではありません。
対岸の火事を決め込んで傍観する民主党政権に国政を担う資格はありません。

参照 幸福実現等党黒川政調会長ブログ「 シーレーンが危ない!南シナ海、波高し」
http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/2010/08/88.html

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------

(2010年8月4日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
南シナ海で厄介な問題が持ち上がっている。中国政府はつい先日、大規t模な示威行為に踏み切り、海軍3艦隊が参加する軍事演習を実施した。誰も見ていないといけないから、テレビ放映までしてみせた。

 これは、南シナ海に関する発言で中国政府を怒らせたヒラリー・クリントン米国務長官に対する直接的な応酬ではなかったかもしれない。だが、中国が地域で戦力を投射する能力と意思を強めていることをはっきり示す行為である。

地域の安定を脅かす中国の示威行為
 クリントン長官はベトナム・ハノイで開かれた地域の安全保障会議の席上、南シナ海、主に南沙(スプラトリー)諸島と西沙(パラセル)諸島を巡る紛争を国際的に解決することが米国の「国益」だと述べた。これらの諸島と周辺海域は、昔から中国とベトナムが領有権を主張しているほか、マレーシア、フィリピン、インドネシア、台湾、ブルネイも領有権を主張している。


東南アジア諸国は中国の示威行為への懸念を深めている(写真は昨年、海軍創設60周年を記念した国際観艦式に参加した中国海軍の潜水艦と航空機)〔AFPBB News〕
 クリントン長官は、米国政府には、中国の威嚇への懸念を深める小さな東南アジア諸国を守る用意があるという合図を送っていた。

 何しろ中国は頻繁にベトナムの漁船団を追い回し、国際的な石油会社に対して、近隣国との間で進めている海底資源開発計画を中止するよう圧力をかけている。

 国営英字紙チャイナ・デーリーは最近の論説記事で、クリントン長官の発言を「中国の台頭の抑制を狙った策略」と評していた。中国国防相は南シナ海に対する「議論の余地のない統治権」を繰り返し主張し、この問題を「国際化」しようとする米国の姿勢に異議を唱えた。

 あいにく、これは恐らく事態が国際問題化する始まりにすぎない。過去数十年間にわたり、米海軍のプレゼンスにより地域の均衡維持を手助けしてきた米国は、再び力をつけてきた中国と摩擦を起こしている。

 中国政府は今、南シナ海を同国の「中核的な利益」の一環と見なしている。これは妥協の可能性が低いことを意味する表現だ。アジア地域で海軍軍拡競争が起きる恐れは日増しに現実味を帯びている。

関係国に求められる努力
 東南アジア諸国は米国の支援を受け、係争水域での小競り合いがエスカレートしないよう海上交戦規則を修正し、危機を切り抜ける努力をすべきだ。中国政府に対しては、同国が封じ込め政策に遭っていないことを納得させなければならない。

 しかし、中国自身も大きな外交努力を払う必要がある。政府は、「力は正義なり」だけが中国の地域外交ではないということを示さねばならない。

 紛争が解決できない場合は、暫定措置を講じて問題を棚上げすべきである。可能であれば、資源を分け合う合意に向けた交渉も行うべきだ。中国は「平和的かつ友好的な協議を通じて」紛争を解決したいと述べている。同国はこれがただの空疎な美辞麗句ではないことを証明する必要がある。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報