Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日新聞は、パブリックな存在ではないのか。

2010/06/18 Fri

こんばんは。

中日新聞の主張に正当性はありません。
私は過去、何回もこの新聞の特異性を指摘してきました。

沖縄普天間基地問題では、県外国外移設の論陣を張り続け、新聞赤旗の主張を上回る
左寄りの社説を掲載したこともあります。(詳しくは、過去のブログを参照してください)

中日新聞 社説の紹介VOL2
http://blog.goo.ne.jp/tohimoto_2009/e/92c57fccac456afa0fe85647145e0082


一番恐ろしいことはインターネットで情報を得ることのできない読者が、中日新聞の主張を
素直に読んだ時、民主党政権にシンパシーを持つ有権者として再生産されることです。

私の住んでいる地域は、圧倒的多数の有権者がこの中日新聞を愛読しており、
参議院選挙を控え、この先、どのような報道がなされるのか注視したいと思います。



まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

「大手新聞」(特に中日新聞)は、パブリックな存在ではないのか。
[2010年06月14日(月)]

幸福実現党  こぶな将人さんのコラムより転載



会期延長がなくなったことで、公示日が当初の予定どおり6月24日に決定した中、それぞれの陣営では準備が急ピッチで進められているようです。私たち幸福実現党は、もちろん初めての参議院選挙になるわけですが、まだまだ経験が必要なところもあり、事務的な部分であわただしい日々が続いておりますが、候補者の中ではすでに公開討論会も開催されているところも多いようです。

静岡県の中野雄太候補とは、学校の同窓でもあり、昨年の参議院補欠選挙で、地元の静岡後援会のメンバーであったこともあり、今回選挙でも微力ではありますが、お手伝いをさせていただいているところです。明日も静岡市内の事務所開きに、参加することとなっているのですが、実は、考えられないことを聞いたので、取り急ぎアップさせていただきました。多くの方にこの事実を知っていただきたいと思います。

先般も「にほんブログ村」問題として、幸福実現党メンバーのブログだけが一方的にカテゴリー移動をされたことに対して個人としての立場ではありましたが、質問をいたしました。今回は、地方紙によるものです。

冒頭に申し上げた通り、現在各地において、公開討論会が開催されていますが、中野代表の所在する静岡県においてもさる6月13日に静岡市内において、候補予定者を招いての討論会が開催され、多くの有権者が熱心にその議論を聞いていたそうで、それは、非常によかった、と思ったのですが、ちょうど同じ13日に地元新聞「中日新聞」による公開討論会が開催されていたそうです。ところが、幸福実現党公認予定候補である、中野代表には、全く声がかからず、開催されたことすら、知らなかったというのです!

これは特に「中日新聞」というパブリックな存在、そして「公平中立」を建前とする大手マスコミの一角を担う存在であると思っていただけに、ショックと怒りが湧き上がってきました。実は、昨年の参議院補欠選挙の際にも、中日新聞も幸福実現党についての記事が全く見られず、明らかな偏向報道と思われたので、私は、当時の選挙対策本部長の立場で、饗庭広報本部長代理とともに、中日新聞に抗議に伺ったことがありました。

現在も在籍されているかどうか、定かではありませんが、確か政治部長さんらしき方が面談にこられ、なぜ、公平な報道を行わないのか、という、問いに「中日新聞としての独自の基準による」という何とも説得力の無い、主観的な判断からとの回答でありました。その論法からすると、いまだに、社会的な責任を放棄したと思えるような判断を繰り返しているらしい、ということが分かります。
実は、在京のマスコミは、幸福実現党の取り扱いについては、少しづつ改善しており、例えば、私どもも折にふて批判をしてきた朝日新聞であっても世論調査の項目に私たち幸福実現党の記載を始めているところであったのです。ある高名な教育評論家の方の話として、朝日新聞など在京マスコミは、国民の目にさらさえれるので、チェックが厳しくなる。地方紙は、そうした状況にならないケースがあるので、左翼的な考えがまだ強く残っているし、そうした体質改善がなかなか進められない、と聞いたことがありました。

としてもマスコミに対しての見方がかなり緩やかになってきたところの、今回のニュースであったので、公憤を禁じえない状態です。

今回は、取り急ぎアップしました。中日新聞の考えられない判断について、どのような「独自の基準」が働いたのか、そしてその背景となる何らかの思想的な働き、経営陣の思惑など、徹底的に調べてみたいと思いました。ぜひ、皆様がたにも、ざっくばらんなご意見、情報などいただければ幸いです。

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。はげみになります。
スポンサーサイト

コメント

Secret

国師の霊言

日本こそユートピアになるのだ!

REコメント

中日新聞を読んでいると、これはどこの国の新聞なんだろうと目眩がすることがあります。

幸福実現党は、何やら保守的な言動があるから
無視。
過去、自民党の首相達にはここぞとばかりに攻撃し、昨年の選挙では「政権交代」を連呼していました。
まるで、北朝鮮はユートピアだと主張されていた人達のようでした。
この新聞に存在意義はないのです。

だから偏向新聞と

こんにちは。
以前、大江さんが幸福実現党に入党されたときに、他の大手の新聞並びに地方の新聞は正しく大きな文字で報道していたにも関わらず、この
中日新聞だけが「大江氏、無所属へ」というタイトルだったのです。
あまりに馬鹿な報道の仕方に苦笑しました。
これも「独自の基準」によって報道の仕方を変えたというのでしょうか。
今でもこの新聞を毎日お読みになられている方々は日々洗脳され続けていると思うと気の毒でなりません。
「正しい報道を適切なタイミングで」
この理想から程遠いのが日本のマスコミの実態です。

伝え聞きですが

確かな情報かどうかわかりませんが、
ネットにこんなことが書いてありました。

http://ameblo.jp/huguruma/entry-10004268786.html" target=_blank>http://ameblo.jp/huguruma/entry-10004268786.html
民主党党首の岡田“ジャスコ”克也氏は、その父・岡田卓也氏がイオングループの総帥であり、兄の元也氏がイオングループ社長であることからジャスコジャスコと呼ばれているわけだが、その弟の昌也氏は、中日新聞勤務

…だそうです。
これが本当なら、中日新聞が民主党を徹底応援している理由がわかります。
私も中日新聞には怒ってます。

中日の「独自の基準」は・・・・

かって、市川房江は中日新聞の記者だったときがある。いまでも彼女を、ジャーナリズムの師と仰いでいるんでしょうね。ですから左翼的思想が抜けきっていないのです。いずれは、それを正すときが来る思いますが・・・・
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
145位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。