Happy Life

コーヒーブレーク

2010/05/27 Thu

こんにちは。

twitterをはじめてから、ブログに息抜きの記事を書くことがなくなっていました。
今日は、twitterがover capacity(オーバーキャパシティー)の為、使えません。
そこで少し、最近思うことを綴ってみたいと思います。

昨年の衆議院選挙で幸福実現党は、さまざまな経済成長戦略を示し選挙を戦いました。
当時から、民主党が経済成長戦略が無きままバラマキ政策を打ち出していることの
警鐘を鳴らしていました。
最近になってようやく経済成長戦略らしきものを民主党も打ち出しましたが、基本は
所得再配分機能の強化、もっといえば社会主義、共産主義的な社会を目指す政党である
ことは間違いないところです。

幸福実現党の経済政策に関しては、是非HPで確認して下さい。

幸福実現党HP http://www.hr-party.jp/index.html

私は、幸福実現党の経済政策の大きな特徴として、時間軸の概念を挙げたいと思います。
GDPを増やさなければ国の税収は上がりませんし、景気が回復しなければ雇用情勢が回復
することもありません。
幸福実現党の経済政策の特徴の一つとして、GDPを増やす為に「貨幣の流通速度をあげる」
という概念があります。
つまり、市場にある貨幣の流通速度をあげることによりGDPの成長を後押しするという政策です。
一つは、リニアなど交通インフラへの集中投資、もう一つの柱は規制緩和です。

前置きが少し長くなりましたが、今日書きたかったことは、規制緩和の部分です。
民主党は、バラマキ政策で景気を回復させるようなことを言っています。
しかし、需要を刺激するというこの政策は貯金に多くが廻ってしまう為、リターンが少なく
文字通り「ばらまき」です。
あくまでも、供給側を後押しする政策でなければ景気は回復しないし、雇用も改善しないと
思います。
このことは、多くの経済評論家が指摘するとおりです。
需要側の政策の中で、唯一「規制緩和」は需要を刺激し、景気回復に貢献する可能性があります。
企業の考える力、アイデアが創造され、新たな需要を生む可能性があるからです。
たとえば、建築基準法を少し緩めるだけで、多くの建物の建替え需要が生まれます。

「貨幣の流通速度をあげる」という概念で言えば、多くの法律には、意味のないものが多くあり、
決済のスピードを遅くするだけの不要なものが沢山あります。

たとえば建築関係でいえば労働安全衛生法の中には随分、無駄なものがあります。
具体的に言えば、公共事業では、現場に従事する作業員の氏名、安全資格、血圧などの
名簿を事前に提出する必要がありますが、民間工事ではその必要はありません。

実際に2000人規模の工事で、下請け会社の名簿を提出した作業員がその現場に予定通り従事
することはありえない話であって、多くは作文であることが多いのです。
したがって、下請け業者は作文を書く時間を割き、ゼネコンが書類をまとめ、
公務員がチェックしても、現場では名簿以外の作業員が従事するという具合です。

これは、私の経験から書いていますが、同じようなことは沢山あると思います。
法律というものはどんどん増殖するので、法律を仕分けすることは、時間の短縮、
企業の創造力を解放する意味において、お金のかからない経済対策とも言えるのです。


まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報