Happy Life

つぶやき集 Vol33

2010/04/13 Tue

こんばんは。

ネットユーザーの間では、民主党支持者が影を潜めている印象があります。
しかし、テレビや新聞が情報源である一般家庭では、まだ、民主党の政治と金の
問題での批判が支持率の低下の要因となっています。
つまり、風が吹けば、この民主党批判の嵐も治まる可能性があるということです。

問題の本質は民主党の政策の方向性にあります。

あきらかに、社会主義的なもの、共産主義的なものがその政策のバックボーンとなっています。
有権者に民主党の政策の方向性が危険であることを拡散する必要があります。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

(こども手当)在日外国人の子供は、その本国が手当てすればよいことだ。こんなことは外国人差別でも何でもない、あたりまえのことだ。制度の欠陥を指摘されながら、それを無視し、かつ6月支給ありきで民主党は強行採決した。これは、どんなに言葉を取り繕っても、選挙目当ての買収法案だ。

----------------------------------------------------------------------------------

民主党の「社会全体(国家)が子供を育てる」などという思想は「家庭の崩壊」を招き、その方向性も間違っている。反対だ。

----------------------------------------------------------------------------------

選挙前に鳩山退陣は避けられない。憂慮すべきは、新しい民主党党首に有権者が期待感を持つことだ。民主党の政策の方向性、その思想自体が危険だとの周知活動が大事だ。

----------------------------------------------------------------------------------

民主党は1.8兆円公共事業を削減した。建設業で失業者の増加が予想されている。一方、失業者に6千億手当てするという。乗数効果が1未満のバラマキ政策では景気はよくならない。つまり、民主党の目指す世界は平等だが等しく貧しいという世界だ。

----------------------------------------------------------------------------------

鳩山首相は米タイム誌のインタビューに応じ、「(普天間問題で)米国の言いなりにはならない」と述べている。しかし、防衛力の担保には言及せず、期限の約束も、地元の合意も頓挫している。民主党の支離滅裂な外交政策は余りに危険で看過できない。

----------------------------------------------------------------------------------

台湾が中国による侵食を直接受けていない理由は、ひとえに日米安全保障条約に基づく「日米同盟」によって米軍が日本(特に沖縄)に駐留し、その世界最強の軍事力で中国を牽制しているからに他ならない。シーレーンの確保は日本の国益だ。

----------------------------------------------------------------------------------

普天間基地問題では、地元の合意も、アメリカの合意も、期限の約束も、全て八方ふさがりになっている。すべての合意が自民案にはあった。ちなみに最低でも県外と民主党は、公約している。
衆議院を解散して、国民に信を問うべきではないか 。

----------------------------------------------------------------------------------

民団主導、労組主導、日教組主導が民主党だ!国民主導じゃない!中国主導なのかも知れない。注意が必要だ。

----------------------------------------------------------------------------------

憲法9条を改正、自衛隊の強化をうたわずして、米軍の国外移転を求める勢力は、日本を丸裸にして何がしたいのか?そういう勢力に限って親中なのが信じられない。

----------------------------------------------------------------------------------

憲法前文の「平和愛する諸国民の公正と信義を信頼して」という状況にはない。具体的に言えば北朝鮮、中国の軍事力を信頼できない。つまり前提が崩れた以上9条では平和は保てないということだ。当然、在日米軍の抑止力も必要だ

----------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
133位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報