Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢“二重外交”中国要人と密謀へ

2010/03/10 Wed

こんばんは。

この記事にあるように、中国の目下の心配は民主党の参議院選挙の議席数と小沢幹事長の
失職ではないでしょうか。
「現在、わが国が注視しているのは、小沢氏が『政治とカネ』の問題を乗り切り、
参院選で勝利できるかどうか。
もし、小沢氏が失脚する事態となれば、対日政策を根本から見直さざるを得ないからだ」

つまり、民主党や小沢院政が中国にとって都合のよいシナリオなのです。

小沢幹事長率いる大訪中団、沖縄普天間基地問題、外国人参政権、いずれも民主党政権前には
考えられなかったことです。

民主党政権が続けば続くほど中国の国益となるのは明らかです。

私は民主党政権が長引けば長引くほど日本の国益を損なうと考えます。
幸福実現党はCO2の25パーセント削減に反対の立場ですが、民主党のCO2の25パーセント削減政策こそ、
中国の最大の国益となることを指摘しておきます。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

小沢“二重外交”中国要人と密謀へ 相手も鳩山は無視?2010.03.09
http://bit.ly/bBTwDb

中国の外交部部長(外相)も務めた大物、唐家●(=王へんに旋 トウ・カセン)元国務委員が9日にも来日。鳩山由紀夫首相や岡田克也外相を表敬訪問するだけでなく、与野党幹部らとも会談するが、最大のターゲットは民主党の小沢一郎幹事長だという。「対日工作の首領(ドン)」と呼ばれ、日中外交に隠然たる影響力を持つ、唐氏の狙いは何か。大宅賞ジャーナリストの加藤昭氏が迫った。

 全国人民代表会議(全人代)開幕直後の多忙な時期に、駐日公使や外交部長を歴任した唐氏が来日。不可解なものを感じた私(加藤昭)は、すぐ中国外交関係者に訪日目的を問いただした。

 「今回は、中日友好協会の名誉顧問として、故大平正芳元総理の生誕100年の記念式典に列席する。加えて、鳩山首相や岡田外相、小沢幹事長、自民党の谷垣禎一総裁、加藤紘一元幹事長、二階俊博前経産相、舛添要一前厚労相、公明党の山口那津男代表などと会談する」

 そうそうたる顔ぶれ。単なる友好親善ではないはず。特に「政界の最高実力者」とされる小沢氏との会談が気にかかる。近く、北朝鮮の金正日総書記が中国を訪問するが、関係はあるのか。

 「中日両国にとって北朝鮮問題は最重要課題の1つであり、唐氏が小沢先生とこの問題を協議するのは間違いない。6カ国協議の再開問題とともに、北の新経済特区構想への投資問題も話し合われるだろう」

 先日、北朝鮮が、平壌など8都市を経済特区として外資に開放する新経済政策を策定したと報じられた。インフラ整備などに外国企業を誘致するもので、1兆円以上の資金調達が必要とされる。ただ、日本は拉致問題を抱えており、いくら剛腕幹事長でも簡単に参入を了解できないはず。

 「金総書記がプロジェクトの総責任者に、側近で『朝鮮大豊国際投資グループ』の金養建理事長を抜擢したのがポイント。彼は朝鮮労働党統一戦線部長で、対日政策の最高責任者でもある。唐氏は『日本が参入すれば、拉致問題の解決も期待できる』と示唆するつもりだ」

 実に、よく練られた外交シナリオといえる。唐-小沢会談では、他にどんなテーマが話し合われるのか。

 「唐氏にはもう1つ、重大な任務がある。温室効果ガスの排出量取引に関する条件交渉だ。鳩山首相は昨年9月の国連演説で『1990年比で2020年までに25%削減を目指す』と国際公約したが、現状では達成は難しい。一方、わが国も今後、削減を求められるのは必至。そこで、今から、中日間で排出量取引に関する条件交渉を始めようというわけだ」

 中国は温室効果ガスの削減余地が大きく、「世界最大の排出権供給国」とされる。昨年12月、コペンハーゲンで開かれたCOP15では、温室効果ガスの削減目標を設けることに断固反対したが、一方で巨額の利益をもたらす排出権ビジネスには熱心なようだ。具体的にどう交渉するのか。

 「唐氏は、日本の政界や産業界に太いパイプを持つ。だから、この任務が唐氏に与えられた。どう交渉するかは彼の胸三寸だが、当面、小沢氏の了解を取りつけるのに全力を注ぐだろう」

 昨年9月の政権発足直後、「二重権力」との批判を避けるため、「政務=鳩山首相、党務=小沢幹事長」という役割分担がされた。しかし、中国は小沢氏をターゲットに、水面下の外交交渉を仕掛けてきたわけだ。

 小沢氏も昨年12月、国会議員143人を引き連れて訪中したうえ、GWには訪米してオバマ大統領との会談を要求するなど、党外交に意欲を見せている。これでは、まるで「二重外交」ではないのか。

 最後に、中国外交関係者はこう語った。

 「現在、わが国が注視しているのは、小沢氏が『政治とカネ』の問題を乗り切り、参院選で勝利できるかどうか。もし、小沢氏が失脚する事態となれば、対日政策を根本から見直さざるを得ないからだ」

 鳩山内閣が普天間基地移設問題で迷走している間に、中国は国益確保のために情報を集め、着々と布石を打っている。「アマチュア・グループ」(米情報機関)と揶揄される鳩山内閣は、この危機を打開できるのか。

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
564位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。