Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の脱税王と居眠り副総理 NO2

2010/02/16 Tue

こんばんは。

前回のブログの続きです。
石川議員の起訴を受け、小沢氏はこう述べています。
「彼が今、問われている責任というのは、国会議員の職務、職責、権限に関連して、その責任を問われているわけではありません」
産経ニュースの記事では、この言動が理屈にならないことを指摘しています。以下

「石川被告が国会議員になる前の秘書時代に、国会議員の職務とは無関係だが重大な罪を犯したというのなら、もともと国会議員になること自体が間違いだったといわなければならない。」

私は、この記事の主張を支持します。
また、小沢幹事長については、今回は不起訴になりましたが、潔白が証明された訳ではありません。
起訴するに至るだけの証拠が集まらなかったというのが正確なところです。
疑惑を持たれたら政治家が自ら潔白を証明すべきだと、自民党議員に証人喚問を要求してきた民主党ですから、
小沢幹事長が偽証罪の問われる国会での証人喚問に自ら進んで証言すればよいことだと思います。

「検察の捜査に勝るものない」小沢幹事長が検察批判から検察礼賛に変えても、それは
屁理屈にしか聞こえません。
今後、脱税や収賄で起訴されても、その言葉を忘れないよう覚えておきたいと思います。

政治資金収支報告書の虚偽記載は不起訴となりましたが、自宅にあった4億円の出所が二転三転したのは何故か、そのお金の出所、政治資金(政党交付金含む)で個人資産を
購入していることなど、国民に説明すべきことは沢山あると思います。

最後に菅副総理の居眠りに関してですが、論評するのに値しませんので割愛します。
念の為補足すると、産経の記事を論評することが無駄だというのではなく、菅副総理は論評するに値しない
という意味で言っています。

私のtwitterに下のコメントが返信され苦笑いしてしまいました。

国税にも友愛を!「菅より眠へ」による「菅眠一体」運営を目指します!

この人が財務大臣であることに暗澹たる思いが込み上げてきます。
日本の財務大臣が社会主義者だということを、外国人投資家が気付かないことを願うばかりです。

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

【名言か迷言か】平成の脱税王と居眠り副総理
2010.2.13 18:00(産経ニュース)

衆院予算委員会で質問を聞く鳩山由紀夫首相。左は菅直人副総理・財務相=12日午前11時5分、衆院第一委員室(酒巻俊介撮影) 「まさに平成の脱税王だ。そんな人が首相の座に座っていることがおかしい」

 自民党の与謝野馨元財務相は12日の衆院予算委員会で、こんなふうに鳩山由紀夫首相を追及した。「あなたに首相の資格はない」「政治家失格だ」とまでののしった。鳩山首相は実母から毎月1500万円もの「お小遣い」をもらっていたが、発覚するまでは贈与税を納税していなかった。この点について、「知らなかったということであなたの責任は軽減しない」と与謝野氏は言っているわけだ。

 与謝野氏はついでに菅直人副総理の居眠りについても詰問した。

「菅氏は会議中に居眠りしていた。居眠りばかりして、目が覚めたら携帯電話ばかり」と。

 これは、昨年12月18日の政府の成長戦略策定会議に呼ばれた楽天の三木谷浩史社長が菅氏が会議中に居眠りしていたことについて、インターネットの「ツイッター」で、「やっぱ行かなきゃ良かったよ。時間の無駄でした」「メインの人が居眠りする始末」「ひさびさにムカつきました」と非難したことを指したものとみられる。ちなみに、居眠り閣僚は自民党政権時代にも多かったが、自民党もやっていたから民主党もそれでいいだろうというのでは、政権交代に夢を託した国民の期待を裏切ることになる。

また、与謝野氏は鳩山首相の問題に関連して、国税庁が税金還付について調査すべきだと、主管大臣である菅氏に迫った。

 普段は物静かな人柄で知られる与謝野氏の執拗(しつよう)な追及に対して、菅氏は「冷静な財務相経験者の与謝野氏が言う言葉とはちょっと考えられない」と反論したが、与謝野氏が冷静さを失うほど怒っていたのは確かだ。

 鳩山首相は小沢一郎民主党幹事長の周辺で起きた不祥事に対して、「自民党の追及は甘い」という声が、自民党関係者の中からも上がっていただけに、追及は激しすぎるぐらいでちょうどいいのかもしれない。

 一方、小沢氏の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件では、小沢氏の元秘書で衆院議員の石川知裕被告が11日に民主党を離党した。石川被告は離党にあたっての記者会見で、こう言った。

 「熟慮の末に民主党に対してこれ以上に迷惑をかけてはいけないと考え、本日午前に離党を決断した次第でございます」

 つまり、離党の理由は「民主党に迷惑をかけるから」だという。しかし、石川被告が抱えている問題は民主党に迷惑をかけたかどうかではなく、国会議員としてふさわしくない犯罪行為をしたのかどうかである。したのなら離党どころではなく議員辞職が相当だろうし、していないのなら民主党を離党する必要はさらさらなく、民主党ももっと石川被告を守ってやるべきだ。

野党は石川被告の議員辞職勧告決議案を提出しているが、民主党はこれを採決する気がないし、審議する気もないという。

 小沢氏は次のように言う。

 「彼が今、問われている責任というのは、国会議員の職務、職責、権限に関連して、その責任を問われているわけではありません」

 これは理屈にならない。石川被告が国会議員になる前の秘書時代に、国会議員の職務とは無関係だが重大な罪を犯したというのなら、もともと国会議員になること自体が間違いだったといわなければならない。

 逆に、石川被告のしたことがそれほど重大な問題ではないという言い分が民主党内にはあるようだ。小沢氏は次のようにも言う。

 「起訴理由を見てもらってもおわかりのとおり、内容についても、不正なお金をもらったとか、脱税したとか、そういう実質的な罪について責任を問われているわけでもありません。収支報告書の事務的ミスについての、責任を問われておるということです」

仮に、きわめて軽度のミスなのだとするならば、離党するほどの理由があったのかどうか。しかも、その程度のことは議員辞職に値しないというのなら、野党提出の議員辞職勧告決議案を国会で審議して、堂々と否決すべきではないか。(五嶋清)

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。







スポンサーサイト

コメント

Secret

REコメント

政治家、国民、マスコミが正しい見解を持つことと、行動することかなと思いました。
↑同意見です!

小沢さんは

都合によって、ころころと変わるんです。悪い立場になったら、検察批判。立場がよくなったら、礼賛しているだけです。桜井よしこさんが自己中心的で内向きといわれていました。党の利益追求が中心で、外が見えていない(日本国民も外交のことも含む)と解釈しましたが。日本国の政治、根本から見直す方向にもっていきたいですね。そのためには、政治家、国民、マスコミが正しい見解を持つことと、行動することかなと思いました。
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。