Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の脱税王と居眠り副総理 NO1

2010/02/15 Mon

こんばんは。

民主党のツートップの政治と金の問題で、民主党の支持率は右肩さがりのようです。
民主党の支持者達は、マスコミの報道姿勢や検察の捜査に不満があるようで、ブログ、
twitterなどで火消しに躍起です。

私は自民党の麻生政権の時、自費でのバー通いや、漢字の読み間違いを何日も繰り返し
報道していた当時のマスメディアの姿勢を忘れることができません。
そのことに比べれば今の民主党に対する報道姿勢は甘いと言わざるをえません。

また民主党が画策している外国人参政権の問題を何故大きく取り上げないのか疑問を持っています。
国家の主権の問題の扱いを疎かにして、報道の自由を訴えても説得力がありません。

マスメディアには民主党支持者も、支持しない人も不満を持っているようです。
政治を浄化しようと思うならこのマスメディアの改革を避けては通ることはできません。

話がそれましたが、鳩山首相は母親からの12億6千万のこども手当を貰っていたことに
関して与謝野馨元財務相は「まさに平成の脱税王だ。そんな人が首相の座に座っていることがおかしい」
と述べています。
「贈与税、相続税のいずれかで税金を納めたらよいのであって問題ない」と鳩山首相を
気丈にも擁護する人もいます。
また、本人は「まったく知らなかった。私服を肥やした訳ではない。」と強弁しています。

脱税かどうか私が判断することはできませんが、時効で戻ってくるであろうお金に関しては
私服を肥やしていたことにならないのだろうか?と素直に思います。
また、渡した相手に知られないように資産を移動して、あとは時効を待つという事例で
贈与した人も贈与された人も何のペナルティーを受けないということになれば、納税意識が
著しく毀損されたと言えます。
これが、たとえ違法行為とならなくても、鳩山首相は脱法指南として歴史に名を残すことが
できます。

また、政治資金収支報告書を何年も管理していなかったと平然と述べる鳩山首相の資質にも
疑問符がつきます。
会社の決算を見ないような社長の下で私は働きたいとは思いません。
自分の資金管理団体の管理ができない鳩山首相に、税金の使途を決めて欲しくはありません。
鳩山首相は、過去、政治と金の問題で自民党議員を追及していました。
その時、自身の政治資金収支報告書を一回もチェックしなかったと言っているのです。
間違いを見過ごしたと言っているのではありません。
一度も見なかったと言っているのです。

これ以上は述べませんが、いずれにしても、鳩山首相の早期退陣が日本の国益なのではないでしょうか。

長くなりましたので、NO2に続きます。

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

【名言か迷言か】平成の脱税王と居眠り副総理
2010.2.13 18:00(産経ニュース)

衆院予算委員会で質問を聞く鳩山由紀夫首相。左は菅直人副総理・財務相=12日午前11時5分、衆院第一委員室(酒巻俊介撮影) 「まさに平成の脱税王だ。そんな人が首相の座に座っていることがおかしい」

 自民党の与謝野馨元財務相は12日の衆院予算委員会で、こんなふうに鳩山由紀夫首相を追及した。「あなたに首相の資格はない」「政治家失格だ」とまでののしった。鳩山首相は実母から毎月1500万円もの「お小遣い」をもらっていたが、発覚するまでは贈与税を納税していなかった。この点について、「知らなかったということであなたの責任は軽減しない」と与謝野氏は言っているわけだ。

 与謝野氏はついでに菅直人副総理の居眠りについても詰問した。

「菅氏は会議中に居眠りしていた。居眠りばかりして、目が覚めたら携帯電話ばかり」と。

 これは、昨年12月18日の政府の成長戦略策定会議に呼ばれた楽天の三木谷浩史社長が菅氏が会議中に居眠りしていたことについて、インターネットの「ツイッター」で、「やっぱ行かなきゃ良かったよ。時間の無駄でした」「メインの人が居眠りする始末」「ひさびさにムカつきました」と非難したことを指したものとみられる。ちなみに、居眠り閣僚は自民党政権時代にも多かったが、自民党もやっていたから民主党もそれでいいだろうというのでは、政権交代に夢を託した国民の期待を裏切ることになる。

また、与謝野氏は鳩山首相の問題に関連して、国税庁が税金還付について調査すべきだと、主管大臣である菅氏に迫った。

 普段は物静かな人柄で知られる与謝野氏の執拗(しつよう)な追及に対して、菅氏は「冷静な財務相経験者の与謝野氏が言う言葉とはちょっと考えられない」と反論したが、与謝野氏が冷静さを失うほど怒っていたのは確かだ。

 鳩山首相は小沢一郎民主党幹事長の周辺で起きた不祥事に対して、「自民党の追及は甘い」という声が、自民党関係者の中からも上がっていただけに、追及は激しすぎるぐらいでちょうどいいのかもしれない。

 一方、小沢氏の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件では、小沢氏の元秘書で衆院議員の石川知裕被告が11日に民主党を離党した。石川被告は離党にあたっての記者会見で、こう言った。

 「熟慮の末に民主党に対してこれ以上に迷惑をかけてはいけないと考え、本日午前に離党を決断した次第でございます」

 つまり、離党の理由は「民主党に迷惑をかけるから」だという。しかし、石川被告が抱えている問題は民主党に迷惑をかけたかどうかではなく、国会議員としてふさわしくない犯罪行為をしたのかどうかである。したのなら離党どころではなく議員辞職が相当だろうし、していないのなら民主党を離党する必要はさらさらなく、民主党ももっと石川被告を守ってやるべきだ。

野党は石川被告の議員辞職勧告決議案を提出しているが、民主党はこれを採決する気がないし、審議する気もないという。

 小沢氏は次のように言う。

 「彼が今、問われている責任というのは、国会議員の職務、職責、権限に関連して、その責任を問われているわけではありません」

 これは理屈にならない。石川被告が国会議員になる前の秘書時代に、国会議員の職務とは無関係だが重大な罪を犯したというのなら、もともと国会議員になること自体が間違いだったといわなければならない。

 逆に、石川被告のしたことがそれほど重大な問題ではないという言い分が民主党内にはあるようだ。小沢氏は次のようにも言う。

 「起訴理由を見てもらってもおわかりのとおり、内容についても、不正なお金をもらったとか、脱税したとか、そういう実質的な罪について責任を問われているわけでもありません。収支報告書の事務的ミスについての、責任を問われておるということです」

仮に、きわめて軽度のミスなのだとするならば、離党するほどの理由があったのかどうか。しかも、その程度のことは議員辞職に値しないというのなら、野党提出の議員辞職勧告決議案を国会で審議して、堂々と否決すべきではないか。(五嶋清)

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。







スポンサーサイト

コメント

Secret

REコメント

コメント有難うございます。鳩山首相、小沢幹事長の議員辞職はもはや既定路線です。

鳩山首相と与謝野氏の

お二方のやり取りを産経で読みました。首相として致命的ですね。「政治家の資格がない」とまで言われながらも言い逃れする鳩山さんの姿が目に浮かぶようです。発言や社会に対する見方もずれているし、気の毒なくらい政治家には向いておられない方だと思います。国民はこのことをしっかりと知る必要があります。政権を続けられる意味もないように思います。
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
688位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
175位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。