Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交センスの無さは致命的

2010/02/04 Thu

こんばんは。

 鳩山首相は、夢見る少女のようだと言ったら女性に失礼だろうか。
友愛外交を唱える鳩山首相は、自分の願望と現実との区別がつかないようだ。
国内の政治でも「信じたい」「信じている」「闘ってほしい」すべて自身の願望を主張して
墓穴を掘っている。

ビジネスの世界においては基本的に会社間の交渉事は社益と社益のぶつかりあいだ。
お互いの主張のわずかな共通項に活路を見出し、社益を追求していくことが基本だと思う。
その中で、お互いがWINWINの関係で合意することがベストなのは言うまでもない。
たとえ、ある一面では合意が難しくても、別の一面では可能性を残しておく。
交渉事というのはそういうものだ。

先日、アメリカが台湾にパトリオットミサイルの売却を決めた。
台湾が中国に取り込まれることはアメリカの国益を損なうことに他ならない。
しかし、中国の貿易相手国としての存在感は、アメリカの重要な国益の一つであり、国交を
閉ざすという選択肢はない。
オバマ大統領は核軍縮を目指しているが、その理想は自国の自立が前提であることが解る。

遠く離れたアメリカが中国の軍拡の脅威を感じ取り、的確に手を打ってきたのに対し、
鳩山首相の友愛外交の危うさは目を覆うばかりだ。

今回の記事は経済の問題ではあるが、鳩山首相の外交は危うくて見ていられない。

地球益を追求することは結構なことだが、日本の国益を損なうことの上に成り立つ外交であるならば、
一刻も早い鳩山首相の退陣を願わずにはいられない。

日本の発展、繁栄はこちらから「幸福実現党HP」

==================================================================================
首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談
 鳩山首相は1日夜、首相官邸でメキシコのカルデロン大統領と会談した。

 会談後の共同記者発表で、首相は「メキシコも日本も、経済は対米依存だった。そこから脱却していこうではないかという認識を互いに持った」と説明。

 しかし、外務省によると、大統領は会談で「メキシコからの輸出の85%が米国向けだ」などと触れただけで、「対米依存からの脱却」などの言及はなかったという。外国要人との会談内容をめぐる首相の新たな不適切発言といえそうだ。

 首相は昨年12月、コペンハーゲンで会談したクリントン米国務長官に米軍普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針を伝えた後、記者団に「十分に理解いただいた」と説明。だが、米側は「事実関係と異なる」と反発し、藤崎一郎駐米大使が急きょ召請される事態に発展した。

(2010年2月2日03時05分 読売新聞)


にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
145位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。