Happy Life

記憶喪失

2010/01/21 Thu

こんばんは。

小沢幹事長は、事情聴取を受けるとの決断をようやく下しました。
小沢幹事長は何故、今まで拒否していたのに、心変わりしたのでしょうか。
国会開会前の先週は忙しく(囲碁を打つ時間はある)、今週は国会が開会されて暇になったのでしょうか?
検察に従順な態度を見せ、検察に減刑の要望をアピールしたのでしょうか?

おそらく、世論の反発が予想以上に大きく参議院選挙の影響を最小限に留めたい思いがあったのでしょう。
政治信念というよりは、選挙をにらんだ現実的な判断です。

小沢幹事長の行動は、すべて選挙戦略の一環として捉えると理解できます。
陳情の一元化も、外国人地方参政権付与法案も選挙戦略の一環です。
自民党を支援してきた団体の取り込み、民団への選挙協力の要請、或いは地方選挙での
直接投票への期待、公明党との連携への布石、そのような思いが透けて見えます。
新人議員には、地元での選挙地盤の確立を立法活動より優先するよう指示しています。

そこにあるのは、崇高な政治理念ではなく、尽きることの無いあくなき権力欲です。

先日、小沢幹事長に批判の声を上げる議員が、前原大臣、渡部恒三議員だけであり、
小沢幹事長の独裁を象徴していると指摘しました。
19日に山本剛正衆院議員が、多少意見を述べたことで骨のある議員が3人に増えたようです。
しかし300人以上の議員がいて3人です。これが民主党の実態なのでしょう。

この実態を恥じることなく、20数名の地検特捜部を批判している民主党議員には
驚かされました。
彼らは、過去、自民党の政治家と金の問題を声高に追及していた議員です。
記憶を無くしてしまったのでしょうか?

政治家は発言に責任を持つ必要があります。

検察批判を繰り返している民主党議員に野党時代の自分の発言を正視できるのか問うて
ブログを終わりたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。

==================================================================================
民主・山本剛正衆院議員が本紙コラムに反論「小沢氏は事情聴取を」
2010.1.19 00:03(産経ニュース)

このニュースのトピックス:国会

山本剛正衆議院議員 民主党の山本剛正(ごうせい)衆院議員(当選1回、比例九州)は18日、小沢一郎同党幹事長の資金管理団体の土地購入事件で元秘書らが逮捕されたことについて、「小沢幹事長は検察の事情聴取を受けるべきだ」と語った。17日付産経新聞朝刊1面のコラム「民主党議員は腰抜けか」に反論するとしている。山本氏の発言は以下の通り。

 「幹事長はやましいことがないのなら出るところに出て、検察の事情聴取を正々堂々と受けるべきだ。男なら男らしく、自分でケリをつけるべきだ。それが小沢幹事長らしさでもある。小沢幹事長に辞任を求めるつもりは毛頭ないし、小沢幹事長を信じている。国民の期待を損なわないためにも幹事長は身の潔白を証明してほしい」

 「国民からすれば裏切られたという不信がある。今の説明では明らかに足りない。政治家の出処進退は本人が決めるものだが、幹事長に世間を騒がした責任があるのは間違いない」

 「党大会で誰も発言しなかったのは、あの場でものを言うのは場違いで、スタンドプレーに過ぎないからだ。私はいつでも実名で取材に応じる」

 山本氏は昭和47年生まれ。衆参議員秘書などを経て、昨夏の衆院選では麻生太郎前首相と同じ福岡8区で立候補。比例九州ブロックから復活当選した。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
133位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報