Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人参政権に思うNO1

2010/01/13 Wed

こんばんは。

 民主党の政策は、大きな括りで表現すれば「大きな政府」を志向していると
いえます。こども手当、農家の所得補償などがその代表例です。

その対極にある「小さな政府」を目指す場合において、国家の最低限の機能は
国民の生命、財産を守ることにあると私は考えます。
すなわち、国家の安全保障、国内の治安維持は「小さな政府」を目指す場合に
おいても、最低限の国家の機能として確立されていることが必要なのです。

民主党は、「大きな政府」を目指しながら、「最低限の国家の機能」に危険を及ぼす
永住外国人に地方参政権を付与する法案の提出を画策しています。

永住外国人に地方参政権を付与する法案は、この国家の安全保障、国内の治安維持に
大きな影響を与えかねない危険な法案です。
地方参政権といえども、原発、自衛隊の基地、国境線に近い離島などでは、
国防問題に直結する事態も想定されるからです。

永住外国人の現在の人口比率でもって、その危険性の大小を測ることは間違いです。
日本の将来に亘っての永住外国人の人口比率を想定することはできないからです。
第一、民主党自体、少数政党である社民党に振り回されています。

日本国憲法15条1項には「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」とあり、
外国人参政権は明らかにこの「国民固有の権利」を侵害する「憲法違反」です。

これは国家の主権の問題です。

かつて、鳩山首相は「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、一生懸命頑張っている。
参政権ぐらい当然付与されるべきだと思っている。日本列島は日本人だだけの所有物じゃない」
と発言しています。
この発言は正しい思想なのか、間違った思想なのか。
国家の主権に対しての国民的議論が必要なはずです。


このような法案を提出しようとする民主党、賛成を表明している社民党、公明党に
大きな憤りを感じます。
特に民主党はマニフェストからこの法案をあえてはずし、衆議院選挙を戦っています。
民主党は後ろめたい気持ちでこの法案の提出を考えている気がしてなりません。
この法案の提出理由を説明することに後ろ向きな姿勢であることは間違いありません。
はっきり言えば、民団からの選挙協力を狙っての選挙対策ではないのか。
また、中国への朝貢外交の一環ではないのか。
公明党との選挙協力への布石ではないのか。
この疑念を拭うことができません。

NO2に続きます。
にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
==========================================================================================
外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏
2010.1.12 13:25(産経ニュースより転載)


このニュースのトピックス:鳩山内閣
 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。

 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。

 一方、鄭進団長は「2010年が明るい未来への象徴として永住外国人への地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福のもとに実現することを願う」と期待感を表明した。


にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。