Happy Life

受け皿はある

2010/01/11 Mon

こんにちは。

 今日の読売新聞の記事によると、内閣支持率56%、民主党支持率39%と依然
高い支持率を維持していることがわかりました。
民主党は右肩下がりの傾向には違いありませんが、自民党に元気がなく自民党支持率が
過去最低の16%であること、つまり自民党の受け皿が不在であることが、
民主党政権を間接的に後押ししている状況といえます。

保守政党としての受け皿?

理念、政策、人材において幸福実現党はすでに自民党を越えています。
何より政党活動に私心がありません。(宗教政党の最大の強みです。)
幸福を実現したい。日本の危機を救いたい。政党活動の原点です。
あとは、経験、実績を積み上げるのみです。

今日は、三重県のはらのりこさんの主張を紹介いたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。

オーパさんのブログ経由で「のはらのりこ・幸福実現党」から転載します。
--------------------------------------------------------------------------

外国人地方参政権に反対します。

民主党の「悲願」である外国人参政権。

しかし、選挙対策で、国民の支持を得られないことを熟知している民主党は、

マニフェストから、わざわざ、これを外してわたしたち国民の目からこれを隠し、

子育て支援、農業戸別保障など、札束で頬をひっぱたく 貧乏人調教選挙で、勝利。

小沢氏が言う「政権をとったら、なんでもできる」の通り、隠していた外国人地方参政権を

強行に成立させていく準備を固めている。

新人議員に対しても 「自分の意見と違っても、党の方針には賛成すべき」という全体主義を実行している。

そして、この山岡 国会対策委員長は、テレビで「日米関係を考えるには、まず 日中関係を強固なものに

してからだ」という信じられない発言をしている。

つまり、中国と組んでから、日米関係を考える、と言っているのだ。

日米中の関係は、当然、自由主義国同志の日米と、そして選挙権も言論の自由もない、

中国、との二等辺三角形の関係である。

それを正三角形にする、という友愛外交は、自由主義国同志の絆を 断ち切らせ、

日米、という最強チームの解体をして、中国が各個撃破する準備を整わせる、亡国の思想そのものだ。


そこに、この外国人地方参政権、を 加えて考えると、民主党の 日本解体作戦が浮き上がって見えてくる。

1995年に在日韓国人が地方参政権を求めた裁判を起こし、その判決で、

そもそも、外国人地方参政権は、15条「公務員の選定・罷免は 国民固有の権利であり、

この権利は「日本国籍を持つ日本国民にある」、と最高裁で明示され、結論の出ている事柄だ。

ただし、法的拘束力のない傍論で、「地方公共団体の長、議会の議員等に対する選挙権を付与することは

憲法上禁止されておらず、立法政策にかかわる問題だ」とされている。

これを盾に、朝日新聞系の左翼的な団体が、強力に民主党をバックアップしているが、

例えば、韓国人に現実侵略された「竹島」。

ここを地方に押しかけた外国人によって選出された議会が「韓国の領土」と認め

それを「民主党幹事長に一本化した」陳情を行い、「国民の声」におされて、

国会で賛否を問う、ということになり、「自分の意見が例え反対でも、党の意見に従うべき」

という全体主義の民主党の手にかかったら、いったい、どうなってしまうんだろうか?

中国は、尖閣諸島を 中国領と言い張っている。

竹島が奪われる可能性があるのと同じように、「国民の声」として、中国に、

合法的に奪われることも可能ではないのか。

外国人参政権を推し進める一派からは、「納税している永住外国人が選挙権を持つのは当然」

という意見もあるが、納税額で選挙権の有無が決められていたのは、明治の話。

納税していない国民には選挙権はない。ということになるが、それでいいのか。

それは、それでひとつの考え方ではあるし、納税義務を果たさない国民が、

大きな顔をして、権利ばかり主張するとしたら、それも深い問題があるだろうとは思う。

とはいえ、「日本人に生まれた」 ということは、生まれながらに特権=国民固有の権利

を持つということだろう。

金払ったぐらいで、その権利をほいほいと、渡せるものだろうか。

日経ネットニュースから ↓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100109AT3S0900C09012010.html

外国人参政権法案の成立、通常国会めざす 民主・山岡氏

民主党の山岡賢次国会対策委員長は9日午前、鳥取市内で講演し、日本の永住外国人に地方参政権を付与する法案について「今国会で政府で必ず提出し必ずあげるという決意だ」と述べ、18日召集の通常国会で成立させたいとの意向を示した。「いままで日本は一国至上主義でやってきたが、幅広の皆さんとお付き合いしていかないと日本の明日はない」と強調した。

外国人参政権法案を巡っては同党の小沢一郎幹事長が昨年12月の韓国訪問の際に「政府提案で出すべきだ。通常国会で現実のものとなるだろう」と述べ、政府提出での法案成立に意欲を示している。ただ鳩山内閣の内部でも、亀井静香郵政・金融担当相が法案提出に反対の姿勢を示すなど意見が割れているほか、民主党内にも根強い異論がある。政府提案の形で法案を通常国会に提出できるかは不透明な情勢だ。 (15:07)
にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村

クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。



スポンサーサイト

コメント

Secret

RE

小沢さんの真意はわかりません。
しかし、方向性が間違っているのですから、
その罪は大きいと思います。
間違いは正さなければなりません。

どうして米より中?

いつもわかりやすい切り口で記事を書いていただきありがとうございます。そう思います。自民党は舛添さんのおっしゃるように、役割を終えている感じですので、受け皿がもうないように国民は思っているのでしょう。中国に固執する小沢さんに疑問を覚えます。中国に親交の深いかたでもいらっしゃるのでしょうか。
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報