Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国専門家、「沖ノ鳥島」は日本に主権も、岩であると主張

2010/05/31 Mon

こんばんは。

中国はしたたかな国です。

民主党の破滅的な外交音痴につけ込んで、さまざま揺さぶりを掛けてきます。

中国の狙いは領土、領海の拡大にあります。

先日の中国海軍の演習や、今回の主張は、日米関係が冷え込んでいることを見越したものです。

既成事実を積み重ねるという覇権主義国家中国の戦術であることを見抜く必要があります。

まねき猫のtwitterへジャンプ

にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
同感!と思った方はクリック応援をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

中国専門家、「沖ノ鳥島」は日本に主権も、岩であると主張
2010/05/28(金) 17:49 searchina

http://bit.ly/crw74o


  日本衆議院本会議は26日、日本最南端の沖ノ鳥島(中国は沖ノ鳥岩と主張)、最東端の南鳥島を拠点に、海底資源開発と専属経済区を拡大する法案「低潮線保全・拠点施設整備法」を可決した。

  これに対し、中国社会科学院日本研究所の高洪副所長は、中国国際放送局の取材を受けた際、「日本の立法活動は、国際法を変える権利はなく、国際的な承認も受けないだろう」と主張した。中国国際放送局が伝えた。

  この法案は、沖ノ鳥に関する討論にどういう影響を与えるかという質問に対し、高洪副所長は、「沖ノ島岩の主権に関して相違点はなく、日本が主権を有している。ただし、沖ノ鳥は岩であり、このような岩は経済専属区と主権以外の何の権益も享受しない。日本議会は立法で主権を主張し、人工の行為で海上領地化しても、国際法上で通じないはずだ」と回答。

  続けて、「日中関係にどういう影響を与えるか。中国はどうやって対処すべきか」との質問に対し、高洪副所長は「日本は、この問題を日中関係の重要問題にすべきでなく、両国関係の大局に目を向けるべきだ。中国は、国家海洋公約に従い、海上で行動すべきだ。中国は、自信を持ち冷静に事態の変化に対処すべきである」とした。(編集担当:村山健二)


にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へにほんブログ村
クリック応援をお願いいたします。
クリックして、政治家(国会議員)を選択すると、幸福実現党の候補者達のブログを見ることができます。
スポンサーサイト
プロフィール

まねき猫

Author:まねき猫
会社員(営業職)3児の父親です。趣味 ゴルフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
145位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お役立ち情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。